2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 携帯電話で計測値を収集すること | トップページ | 携帯電話で対象のIDを取得すること. »

2006年12月14日 (木)

ウェブ人間論



私の友人を思い出しました.


15年ほど前,大学研究室の計算機環境を管理してくれていました.SunOSのワークステーションのネットワークでした.今でも覚えているのですが,彼は計算機をブートする際の画面表示を見て「宇宙が立ち上がっていく感じだよね」とつぶやきました.コンピュータの起動とともに様々なプロセスが走り,コンピュータが機能しはじめる.そこに宇宙開闢を見ていたわけです.その感動の仕方は,スターウォーズとかマトリクスとか,そういった近未来で無機質なものでは決してなく,むしろ,ローレンツ博士が自宅の水槽を覗き込んで息を飲んだ,その感覚に近かったのではないかと想像します.ローレンツ博士は動物を観察して「ソロモンの指輪」を手に入れました.コンピュータシステムの水槽で「プロセス」を観察して彼らは何を手に入れたのか.動物と対話するのではなく,システムと対話する.人は動物で,人の社会はシステムです.きっとシステムに対する深く新しい理解が得られていく(既に得られ始めている)のだろうと思います.



ウェブ人間論 (新潮新書)

ウェブ人間論 (新潮新書)



  • 出版社/メーカー: 新潮社

  • 発売日: 2006/12/14

  • メディア: 新書





ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)





« 携帯電話で計測値を収集すること | トップページ | 携帯電話で対象のIDを取得すること. »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ人間論:

« 携帯電話で計測値を収集すること | トップページ | 携帯電話で対象のIDを取得すること. »