2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グレッグ・イーガン「ひとりっ子」 | トップページ | Windows Vista »

2007年1月29日 (月)

センサの共有



メモ.


TinyDB: A Declarative Database for Sensor Networks


ネットワークに接続されたセンサノード(Mote)からのデータ収集を,Cプログラムによってではなく,SQLでデータベースを操作するように,手軽におこなうためのソフトウェア,とのこと.「ネットワークを介してセンサを共有」するためには,沢山の仕掛けが必要なはずで,そのような試みのひとつである模様.



Some of the features of TinyDB include:


Metadata Management: TinyDB provides a metadata catalog to describe the attributes and commands that are available for querying and invocation in the sensor network. Attributes can be sensor readings or internal software/hardware parameters. Commands can range from parameter tuning to physical actuations. Attributes and commands can be created through the TinySchema components in TinysOS.



TinyDBは,センサネットワークを「データベースのようにして」ユーザが使うための属性とか命令とかのカタログを管理する.



High Level Queries: TinyDB uses a declarative query language that lets you describe the data you want, without requiring you to say how to get it. This makes it easier for you to write applications, and helps guarantee that your applications continue to run efficiently as the sensor network changes.



ユーザは「何がほしいか」を入力すればよく,「どうやってデータを手に入れるか」を入力する必要はない.



Network Topology: TinyDB manages the underlying radio network by tracking neighbors, maintaining routing tables, and ensuring that every mote in the network can efficiently and (relatively) reliably deliver its data to the user.



ネットワークトポロジも管理する,とのこと.


実現したいインテリジェンスをメタデータのカタログに全部押し込んだような印象を持つけれども,こういう仕掛けを実現していることに感心.その動向に注意し続けようと思う.


« グレッグ・イーガン「ひとりっ子」 | トップページ | Windows Vista »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センサの共有:

« グレッグ・イーガン「ひとりっ子」 | トップページ | Windows Vista »