2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コンピュータは意識を持つか | トップページ | 留学生 »

2007年2月 6日 (火)

忘れられた科学-数学



恩師のひとりに次の報告書を見せてもらいました.


忘れられた科学-数学


米国の数学振興政策の考え方と数学研究拠点の状況



(多くの国同様)米国においても,近年,NSFの数学研究予算がNFS予算全体の増加率を超える割合で増加していることに見られるように,連邦政府としては数学に注力している.




数学研究について,近年,特に中国の台頭が著しく,中国政府の数学研究予算は年率25~30%と急激に増加している.これに対して米国は強い危機感を抱いている.




(日本では)科学研究費補助金における数学研究費の額は増加しているが,全分野に対する数学シェアは減少している.



科学技術やら情報系やらを国の基幹に位置づけるのならば,数学への投資は不可欠です.そういえば数学畑の人たちが,お互いの研究室を訪ねたり訪ねられたりしながら議論しあう文化を,工学の分野と比べて濃厚に持っていることに驚いたことがあります.そういうコミュニケーションの費用を削ったり,新たに機会創出することを怠ったりすることは,喜ばしくないことです.数学のような真剣で豪華な遊びをする余力がどの程度あるかは,国力を測る重要な指標です.


« コンピュータは意識を持つか | トップページ | 留学生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられた科学-数学:

« コンピュータは意識を持つか | トップページ | 留学生 »