2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ログ | トップページ | 戦争と大量殺戮 »

2007年4月23日 (月)

電子マネー nanaco



セブン&アイの電子マネー「nanaco」がスタート


極東ブログ: nanacoな世界


まずは,古典的な「ポイントカード」の電子版として導入されるようです.そのカードを持って,特定の店で買い物すると,ポイントがたまる.このことで,顧客のリピート率を向上させる.競合他店に客を渡さないための常套手段なのだと思います.


実際の通貨を使わないことは,とても大きな意味を持ちそうです.よく知られた例では,ゲームセンターへの電子マネーの導入の効果があります.ゲームセンターで実際の通貨を使うと,その業務形態からゲームの価格が「Oneコイン」に限定されることが多く,10円,50円,100円にしかできませんでした.そして,その価格の変更には,Oneコインを投入する機械に組み込まれた通貨読み取り装置を変更する必要があって,すごい手間でした.ところが,電子マネーを導入すると,ゲーム一回あたりの価格を柔軟に・簡単に変更できるようになります.その結果,例えば人気のないゲームの価格を下げたり,タイムサービス(この時間にこのゲームをすると安い)を導入したり,各ゲーム機を適切に稼動させることが可能となり,顧客には色々なサービスを提供できるようになります.ゲームだけではなく,自動販売機や無人ガソリンスタンドなど,無人決済の場面で大きな威力を発揮しそうです.そして,そういうサービスを享受できる機会が増えると顧客から見たnanacoの魅力が高くなって,セブンイレブンの集客力もあがります.記事の中の次の台詞はそういう意味なのだと思います.



式典で村田紀敏セブン&アイ社長は「(他の企業との)ポイント連携を強化し、セブン銀行のATMでもチャージ(入金)できるようにする。流通業界にとって最強のカードにしたい」と意気込みを語った。



プライバシー云々を指摘する人も居そうですが,ポイントカードやキャッシュカードの利便性とひきかえに自分の購買情報をとっくに売り渡してる人が圧倒的多数です.


携帯電話のような情報機器と組み合わせると,例えばコンサートチケットの支払いを電子マネーでおこなった顧客に対して,コンサート終了時刻に,コンサート会場の近くの飲食店の広告をメールで配信する,といったサービスも可能です.こうして囲い込めるわけですね.


今回のnanacoの話は,とても大きな流れのひとつだと思います.


« ログ | トップページ | 戦争と大量殺戮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子マネー nanaco:

« ログ | トップページ | 戦争と大量殺戮 »