2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 学力低下 | トップページ | 「わたし」の復権 »

2007年4月26日 (木)

教育について責任を負う



ドラッカーの本からメモ



知識が現代社会の中心的な資源となったために,大学に第三の機能が加わった.教育と研究に加え,社会への貢献すなわち知識を行動に移し,社会に成果をもたらす機能が加わった




研究は教育や学生のニーズとは両立しないとする.これは誤解である.




知識ある者は教育の内容,水準,成果,影響について責任を負わなければならない.




成績の悪い生徒や学生を責めることは許されない.できない生徒や学生は学校や大学の責任である.




意欲のない生徒や学生は学校や大学の恥であり,教師,教授の罪である.



ひえー.責任遂行のための組織的取り組みが必須.教員の労働(研究・教育・社会貢献)に関するマネージメントがキチンとなされないと,背負いきれません.道のりはとても遠い.


« 学力低下 | トップページ | 「わたし」の復権 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育について責任を負う:

« 学力低下 | トップページ | 「わたし」の復権 »