2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大江健三郎賞 | トップページ | モノを介して »

2007年5月 7日 (月)

真竹



孟宗竹の竹の子と違って真竹の竹の子は皮に毛がなく,おまけに節の間隔が長いので皮の長さも長いことを連休中に実家で竹の子を蹴り倒しながら初めて知った.昔話でお弁当を包んでいたのは,真竹の竹の子の皮であったか.


マダケ


« 大江健三郎賞 | トップページ | モノを介して »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真竹:

« 大江健三郎賞 | トップページ | モノを介して »