2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

静かな連帯



私が言うと誤解されるんだろうけど(リライト版) - finalventの日記



ブログのなかで生きている……それはネットの中に生きているというのではない




具体的な生活に根ざした思想



カラーバス



テーマカラーを決めて一日を過ごすと,普段と同じ景色を見ても,そのテーマカラーが目に飛び込んでくる.情報を頭に飛び込ませる工夫.


具体的生活はものすごく単調.でもブログを書き続けようとすると,その単調な生活に何かを根付かせることができるのかもしれない.よくわかんないけど,これからこつこつとかいてみよう.気になることには応答したりしながら.



考具―考えるための道具、持っていますか?

考具―考えるための道具、持っていますか?





常識的な連帯


2007年6月28日 (木)

アハ体験



といえば,マーチン・ガードナーと言って通じなかった.私はオヤジだ.



Aha!ゴッチャ―ゆかいなパラドックス (1)

Aha!ゴッチャ―ゆかいなパラドックス (1)





数学ゲームとか貪るように読んだものだった.



数学ゲーム 1 (1) (ブルーバックス 248)

数学ゲーム 1 (1) (ブルーバックス 248)





「左と右」も名作.



新版 自然界における左と右

新版 自然界における左と右





薮蚊対策・蚊遣り豚



やぶ蚊がひどいので,殺虫.





容器がプラスチックの蚊遣り豚だった.



蚊遣り豚の謎―近代日本殺虫史考 (ラッコブックス)

蚊遣り豚の謎―近代日本殺虫史考 (ラッコブックス)



  • 出版社/メーカー: 新潮社

  • 発売日: 2001/06

  • メディア: 単行本




2007年6月27日 (水)

教育実習



そういえば,地元を離れて下宿して大学に通ってる学生は,教育実習先を探すのがすごく大変だった.


極東ブログ: 教育実習費問題というか


教科情報の教育実習は,さらに開講してる高校が少なかったっけ.


自分が高校生のころ教育実習で来た人には悪いことを思い出すと,今更胸が痛む.


アロマオイル



窓を開け放つと外から薮蚊が.必然エアコンを入れて締め切ることが多くなって部屋の中の空気が澱むことが多くなった,と愚痴ったところ,アロマオイルを勧められました.結論,レモングラスはいい塩梅です.ひょっとしたら本当に,集中することを補助してくれてるかもしれない.





パターン認識と機械学習の教科書



下記の本がとても読みやすかった.昨今の話題が丁寧に解説してありました.お薦め.



Pattern Recognition And Machine Learning (Information Science and Statistics)

Pattern Recognition And Machine Learning (Information Science and Statistics)





2007年6月26日 (火)

ドア越しのキス



どこでもドア越しに自分の口にキスすることはできない.右手どうしで握手することもできないし,向かい合って抱き合うこともできない.自分の背中にキスすることはできるし,右手と左手で握手することはできるし,背中から抱きつくこともできる.


前者はクラインの壷を作るのと同じくらい難しい.


どこでもドアで自分と握手



自分の前にどこでもドアを立てて「自分の後ろへ」と言ってあける.眼の前に自分が居る.その眼の前の人物と握手をしてみることにする.


体をドアに対して横向きにして,自分の右側に見えるドアの向こうに,相手=自分が見えるように立ってみる.そしてドアの向こうに居る相手=自分の左手に,自分の右手を伸ばす.そのまま左手をつかめば握手できる.相手の左手をつかんだ時,自分の左手が掴まれる.


興味があるのは,その「掴まれる左手」を自分の右手に対して差し出し返すことができるかどうか.試行錯誤をすこし繰り返せば,自分の横に居る相手と簡単に握手できるようになりそうな気がする.右手で左手を強引に掴むのではなく,眼の前で両手を組み合わせるのと同じ感覚で,どこでもドアの向こうに居る相手=自分と手を差し出しあって握手できるようになりそう.


どこでもドアがあれば,視野に自分の体が複数見えるようにできる.鏡と違うのは,反転しないことだけじゃなくて,触ることが出来る上に,触った瞬間に自分が触られること.


どのくらい身体感覚が変化するのか(それとも,しないのか),試してみたい.


メモ:求人倍率の偏り



溜池通信トップページ



〇気になるデータ。都道府県別の有効求人倍率を見ると、4月には愛知県の倍率が2.01ととうとう2倍を超えている。なおかつ、沖縄県0.43、青森県0.46、高知県0.49など、0.5を割っている県が今だに存在する。同じ国の中に、「求職者1人に対して求人2人」という県と、「求職者2人に対して求人1人」という県が同居している。どうしたら、こんな馬鹿な現象が起きるのか。しかもこの状況、2年くらい前からほとんど変わっていない。なぜ労働移動が起きないのか。こんな中で外国人労働力導入の議論が始まるというのは、やっぱり妙なんじゃないだろうか。



厚生労働省:一般職業紹介状況(平成19年4月分)について:第6表 都道府県・地域別有効求人倍率(季節調整値)(新規学卒者を除きパートタイムを含む)


昨今の学生はWebで気になる会社を見つけてエントリーシートに書き込むことから就職活動を始める場合が多いけど,気になる会社の見つけ方はマチマチ.業務内容とか雰囲気とか,会社の品定めをするうえで気になる情報はそれほど豊かには流通してない.


自営業者数の増減とか女性の有業率とか,どうなんだろう.


2007年6月25日 (月)

どこでもドア



床に伏せておいて「自分の上へ」と言って開ける.


永遠に落ち続ける.



目の前に置いて「自分の後ろへ」と言って開ける.


目の前に自分が居る.肩を叩くと叩かれる.


5,000ドル紙幣



wikiはすごいな


アメリカ合衆国ドル - Wikipedia



なお、かつては500、1,000、5,000、10,000ドル紙幣が流通し、主に銀行間の決済などに使われていたが、1934年(シリーズ1934)を最後にこれらの高額紙幣の製造は中止され、電子的な決済システムの出現で必要性がなくなったため、1969年に流通停止となった。



長いお別れ




長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))



  • 出版社/メーカー: 早川書房

  • 発売日: 1976/04

  • メディア: 文庫




ハードボイルド.



ハードボイルド (hardboiled) とは、元来は「堅ゆで卵」(白身、黄身の両方ともしっかり凝固するまで茹でた鶏卵)のこと。転じて、感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情な、(精神的・肉体的に)強靭な、妥協しない、などの人間の性格を表す言葉となる。



首尾一貫した(Consistent)態度が,かっこいい.「感傷に流されない」のは,主人公が強固な行動基準を持っているからであった.「流されないこと」がそのまま「冷酷非情」を意味するかどうかは,それほど自明ではないような.ハードボイルドな「探偵」はナイスだけど,ハードボイルドな「政治家」は取扱い注意かもしれない.


2007年6月23日 (土)

旬の掘り起こし



ネジバナに言及してる人が沢山いた.


ネジバナとは - はてなダイアリー


今更だけど,植物名への言及数の年間推移をとれば,それぞれの花とか実の旬の時期の指標になる.花とか実の写真とその被写体の自動認識技術は必要ない.食べ物についても同じカラクリで旬の時期が分かるかもしれないし,「どの程度特定の時期だけに言及されているか」を評価して「旬の有無の強さ」も分かりそう.


旬の時期に発せられたそれら単語と,共起する形容詞とか副詞とかの組み合わせは,「桜はきれい」「ネジバナの花の付き方は面白い」といった連想を容易にする.同じ単語を含む古典の検索も容易だ.で,こういう枠組みで結局ネットは季節感を獲得できると言えるのかどうか.言えても言えなくてもどちらでも良いのですが.


そういえばグッド・ウィル・ハンティングでロビンウィリアムスはマットデイモンに匂いの話をしてたような.季節感獲得の話と関係あるようなないような.


ネジバナ



近所の緑地公園を散歩.菖蒲は終わって,今はアジサイ.原っぱにはネジバナが咲いていた.


ネジバナ - Wikipedia



ネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara)は、小型のラン科の多年草。



ラン科であるとのこと.



ネジバナの根に侵入して養分を与えている菌として知られるもののひとつは、植物遺体を分解して生活する担子菌の Tulasmella calospora であり、これは植物病原菌になることでも知られている不完全菌 Rhizoctonia の完全世代のひとつである。



担子菌



担子菌(たんしきん)とは、菌界に属するもので、いわゆるキノコとして知られている生物を含むグループである。



根をはって,そこに菌糸が張り巡らされて.なんというか,ラン科の根っこは,地中の「森」のイメージ.



地中生命の驚異―秘められた自然誌

地中生命の驚異―秘められた自然誌





2007年6月22日 (金)

無線通信



センサネットワークが注目されはじめた契機のひとつは無線通信技術の発達だった.RFIDも含めて.ただし,例えば工場の制御のためにセンサを多用している現場のエンジニアは,制御用のセンサとの通信に無線を使うことなど「SNが悪くて想像もできない」と言っている.そのとおりだと思う.ワイヤを引き伸ばすことには,無線が普及したあとでも,意味がある.


そういえば,通信容量を最も稼げる通信手段は,光ファイバによる通信.いわゆる「放送」のような映像とか音声とかを固定端末(テレビとか)に送信する手段としては,現在のような電波より光ファイバを各家庭に引き伸ばすほうが容量の観点からは理にかなってる.


センサネットワーク



実世界と情報の世界との間の整合性こそが重要であるという指摘は,本質的だと思う.とても読みやすい教科書で,この分野に関心のある人は必読ではないか.


2007年6月21日 (木)

ただの炭酸水



安くて美味しい炭酸水.


ただの炭酸水


レモン入りもあるけど,入ってないほうが良さそう.


胃腸風邪・老眼・利き酒



先週旅先で壊した胃腸がようやく治ってきた.整腸剤だけでは収まらず,抗生剤も服用.自分の歳も考えると,ひょっとしてもう自分の余生はゴクゴクと酒を飲めなくなるのかなと弱気になるような壊れ方だった.


先日数年ぶりに結婚披露宴に出たら,テーブルには同年代の面子が揃っていた.うわさには聞いてたけど,本当にこの歳になると健康・病気ネタに花が咲く.とりあえず,40過ぎに老眼は始まるというネタで盛り上がる.老眼は車の運転に差し支えないのだろうか.来月は人間ドックだ.


ワインの利き酒のシーンをテレビで見る.ワインの良し悪しは,私はグラスに3,4杯飲むと分かってくる.でも,良し悪しに関わらず酔ってくる.利き酒名人のすごいのは,たった一口でそれを成し遂げる(もちろん「良し悪し」ってなレベルじゃなく,もっと高分解能で)ことだと思う.


2007年6月20日 (水)

新生児を見て抱いた。



今日は素晴らしい一日だった。


2007年6月19日 (火)

プライバシー



日本版のwikiには次のような記載が.



個人の私生活に関する事柄(私事)、およびそれが他から隠されており干渉されない状態を要求する権利をいう。



英語版には次のような記載が.



It is the ability of an individual or group to keep their lives and personal affairs out of public view, or to control the flow of information about themselves.



英語版の後半の定義に気をつけたい気がする.「自分自身に関する情報の流通を制御する能力」.


gmailに保存されたメールの内容や自分でブログに欠いた情報はパブリックに公開された情報に等しくて,その情報をネットから消したり,複写や伝達を抑制したりすることは誰にもできない.とりあえず,ネットに晒す内容を自分自身で決められることだけが,「安心」の拠り所.


自分が晒すまいと秘していた情報を第三者が漏洩した場合は,普通に犯罪として取り締まれそう.


クレジットカードの利用をはじめ,社会的な各種のサービスを受けるときには,自分に関する情報の一部をサービス提供元に供出する必要があって,情報の流通に関する事柄は契約に盛り込まれてる.契約違反があれば普通に取り締まれる.たぶんサービス提供元は個人情報の管理に大きなコストを払っていて(漏洩のコストも含む),本当なら個々の顧客ではなく商売上必要な統計値にのみ興味があるはずなので,提供された個人情報から「個人」の部分を濾しとって統計値以外を消去するような工夫がほしいのではないか(もう既にあるのかしらん).


国民総背番号制のような国による強制によって個人情報の提供を余儀なくされる場合は,税金と同じく,有効に使われることや不正に使われないことが監督されないといけない.


今後気をつけるべきは上記のようなことではなくて,個人認識技術やデータマイニングのような,ネット上の情報をかき集めて本人が意図しないような情報を自動的に抽出する技術の出現と,その利用法ではないかしらん.


例えば公道を歩くとき自分の顔(個人情報)を晒していて,でも知り合い以外は自分の顔を見ても自分が誰か認識できない(当たり前).監視カメラシステムが歩行者の映像を撮影していても,現状では,その歩行者の知り合いがその映像を見ない限り,その歩行者が誰かは分からない.でも,昨今の顔認識技術を本気で組み込むと,ネット上に晒されてる顔写真と監視カメラ映像に写ってる顔の自動照合は不可能ではないかもしれず,そうすると,歩行者の歩行履歴とネット上の情報が「自動的に」リンクする.もしくは,ブログを含めネット上の情報を探索して,個々の情報は本人が晒すことを潔しとしていても,それら情報と第三者が晒した情報とを総合して,本人が秘したいと思っていた情報を自動抽出することも可能かもしれず.


情報は一回晒されると,二度と消えない.過去の自分は他人で自分がこれまでいかなる情報をネット上に晒していたかは自分では記憶しきれず,でもテクノロジーは全部を参照することができて.そういう情報の蓄積から例えば下記のニュースのようなアプローチで,社会的に有用な情報を自動「生成」することができるかもしれなくて,でも両刃の剣で.


http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY200706160296.html


プライバシーを「自分に関する情報の流通を制御する能力」だとすると,将来現われるかもしれないテクノロジーも織り込んだ上で,自分に関する情報を晒すか否か判断しないといけないかもしれない.晒された情報は二度と消えず,この駄文も将来のテクノロジーは軽々と参照することができるのだし.


「安全・安心」を考えると,自分の実体と強く結びついてる情報の質量が問題.そして情報と実体とを自動的に結びつける技術は自動認識技術で,その技術水準は日進月歩.


2007年6月18日 (月)

一太郎と律令的官僚制



網野善彦の対談から抜粋.



文字の中のひらがなとカタカナの役割については,前からずっと気にはなっていました




口語の表現になるとカタカナが使われる.神様,仏さまに願いごとをしたり,誓ったりした文書にカタカナが多く出てくる




室町から江戸時代になると,カタカナは少数派になってくる




もとを辿ると,これ,律令国家まで行ってしまうんですね.つまり漢字が外から入ってくる.それを受け入れたのはもちろん首長クラスの上層の人でしょうけれども,それが組織された律令国家が徹底的な文書主義なんです.これは相当徹底していたようで,出羽の秋田城からも,一生懸命手習いをした形跡のある木簡が出てくる.



中央からの文書がひらがなと漢字で書かれているから,ひらがなと漢字が読めないと仕事にならず,地方の人が必死で習得する,という話であるもよう.


昨今,MS-Officeの2007とかで結構いろいろな部分が変わったりしましたが,中央=文科省から大学への電子的な文書が「一太郎」の書式で届いたりするので,今でも大学事務の文書作りに一太郎は欠かせません.文科省の文書がずっと一太郎である理由は,過去の文書の一部分(日付とか人名とか)を修正して新しい文書を作ることが多いからではないかと想像してます.


後世の人が「2000年代初頭は大学では一太郎と呼ばれるワードプロセッサを使っていた.当時既に多種多様なワードプロセッサが普及していたが,それでも一太郎を使い続けていたことを見ても,大学という組織が画一的で保守的であったことが分かる.」とか判断しやがったら,化けて出てやる.


2007年6月17日 (日)

生物の大量発生



餓えることが、大量発生のからくりには不可欠だった気がする。違ったっけ。


インフレ



お札が大量に市場に出回ると、お金の価値が下がってインフレになるとのこと。コミュニケーションすること自身の価値のインフレってあるのかなと思う。


信号と雑音の分離



自分が定めた周波数で変調して相手をたたき、応答を受信して、受信した信号を変調した周波数で復調する。単純に計測して信号と雑音を分けようとするのではなく、受け取る信号にあらかじめ雑音とは異なる成分をもたせる工夫をして検波する。変調を幅広い周波数でおこなってCDMAのような戦略をとるのも吉かもしれない。


発信する情報の内容を長期的に振って、その応答をみて計測される応答の信頼度をはかる。コメントの信頼度の話を見ていてすこし思い出したこと。


2007年6月16日 (土)

換金



お金の価値が下がって高度な専門知識の価値が上がる,という最近良く見る言説に,まだ私には分からない部分がある.


価値が目減りしにくい資産



「高度に体系付けられた専門知識を更新しつづける能力」があれば,それは目減りしない「資産」と呼んでもよさそう.


終の棲家



これまで職場を転々としてきたので,なかなか「ここで一生働くのだ」という感覚をもてない.いつどこを最終就職先にして,どこを終の棲家にするか悩むことがたまに.



財政破綻に伴うインフレから自分の生活を守りたければ,インフレによる資産の実質価値の目減りを相殺するべく(相殺して余りあるほど)借金をしておくべきだ,ということになる.今,借金をしてインフレに強い(価値が目減りしにくい)資産に投じておけばよいのである.



家とか土地とかを「満を持して買おう」とか思ってると,色々と守れない希ガス.



財政学から見た日本経済 (光文社新書)

財政学から見た日本経済 (光文社新書)



  • 出版社/メーカー: 光文社

  • 発売日: 2002/10/17

  • メディア: 新書




大学の麻疹



幸い身近な大学で麻疹にかかった教員・学生は居ません.


東工大では,麻疹にかかった学生が数名見つかった時点で,感染リスクのある学生に予防接種の措置をとったとのこと.特別にそのための予算をつけたのかもしれません.なるほど.別の大学では,学生に麻疹流行の兆しが見えた時点で保護者から(!),管理義務を怠っている旨の強い抗議の電話があったとのこと.すこし昂ずれば,訴訟とか言い出しかねない勢いの人も居たそうで,そういう人はごくごく一部なのは分かっていても,なんというか,組織全体の行動に影響を与えてることが多々あるのが,いやはやなんとも.


全学休講にした大学が,どういうタイミングで大学再開するのかと,休講の補講時間をどうやって確保するのかは気になるところ.


2007年6月13日 (水)

仁義なきキンタマ



時事ドットコム


これほどこの手の事件が繰り返されるのは,なんでだろう.


いっそのこと,Winny利用専用の安物PCを各部署に用意したらいかが.


2007年6月12日 (火)

市民ケーン



二つ目の橇には「鎧」の模様が描いてあったのを,昔DVDを見ていて発見した気がしたのだけど,確認できない.


歌詞を聴きとる



日本語の歌を聴きながら,歌詞を聞き取るのが私はすごく苦手だ.フツーの歌謡曲を聴いていて,節回しは楽しめても,歌詞が頭の中に入ってこない.歌詞を聞き取ろうと集中する際には,曲を楽しめなくなるほど,頭の別の場所を使う.何かの能力が欠如してるのかなと思う.歌謡曲にメッセージを込められても,歌詞聞き取り能力のない私には届かない.


小説を読んでいて,筋は楽しめても,文体や言い回しや台詞の細部を覚えられない.あ,でも韻を踏んだりする言葉遊びは楽しめる.文体をまねるのはもちろん易しくないのは承知してるけど,それ以前に,そもそも文章を覚えられない.何かの能力が欠如してるのかなと思う.


英語論文を読んでいて,内容は理解しても,いざ自分が書こうとすると頻繁に読んでるはずのフレーズが苦労しないと出てこない.出てこないうちは「頻繁」と称するのがおかしいというだけの話かもしれないが.論文を読みながら覚えたら便利なんだろうなというフレーズに目印をつけることもたまにするが,それだけではもちろんだめで,よっぽどの覚悟をしないと英作文に有用な英文読みが私にはできない.何かの能力が欠如してるのかなと思う.


上記の各欠如は,結局ひとつに集約できるのか,三つの欠如の羅列なのかも分からない.単純に経験不足に帰着できるのかどうかも良く分からない.…という問題意識を持ってから,「勉強法」の本を読まないと,意味ないんだろうな.


2007年6月11日 (月)

オオグチボヤ(少し興奮気味に)



今回の放送で始めてみました(NHKスペシャル|第48回科学技術映像祭 内閣総理大臣賞 アンコール 神秘の海 富山湾 海の中までアルプスがつづく


すごいですね.あ,こんな文献も(参考


この撮影をこなしたハイパードルフィンにも拍手.


そういえば,鯨にカメラを搭載して深海の様子を撮影する試みがあって,でも,鯨に取り付けることが難しすぎてまだ実現してなかったのではなかったか.


再入国前の診断



尾篭な話です.すみません.


ドイツで腹の具合が悪くなって,帰りの飛行機でも機内食にほとんど手をつけず水だけ飲んで,空港で日本に再入国する前に健康診断を念のため受けました.自主的に受けようと思うような体調でした.


体温を測って,問診を受けて,下痢である旨を告げたところ即検便.便を採取した容器を提出するほかに,採取をおこなった便器の状態も観察するとのことで,紙などを流すことを許されず放置しなければならなかったのが少し辛かったですが,それを観察しなければならない医師のことを思うとなんというか,本当に恐れ入ります.


検査結果が出るまで5日.赤痢など深刻な場合にのみ連絡が来るとのこと.滞在先がドイツだったので,まぁ滅多なことはなさそうで,こちらではやっている胃腸風邪かなと素人診断を自分でしております.


これまで海外にはそこそこ行ってるのですが,そういえば体調を壊すのは初めてで,最初のころは風邪薬など携行してたのですがそれも何時からかしなくなってました.やっぱり風邪薬,解熱薬,整腸剤といったものは持っていくべきですね.後悔しました.


2007年6月 8日 (金)

Volkswagen’s Autostadt



Autostadt


フォルクスワーゲンのAutostadtに行ってきました.楽しかったです.自分の新車を取りに来てもらう.その際に楽しんでもらう.車を客に送付するコストを浮かす,そんな役割もある.とのこと.高級車を買ったことを実感して帰属意識のようなものが強くなりそうな印象でした.


2007年6月 7日 (木)

Braunschweig



あの,Gaussの街でした.


2007年6月 5日 (火)

旅の友



ドイツ出張.機内の時間つぶし用に「悪童日記」を買っておいたら,行きの機内で読み終わってしまった.活字の大きさとか分量を確認しておけばよかった.帰りの時間つぶしを考えておかないと.


あっという間に読み終えたのは短い小説だったからだけではなく,面白かったからでもあった.残り二つも読まねば.



違うよ,おばあちゃん.ぼくらはただ,ぼくら自身のことを恥ずかしいと思ったんだ.




悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)





2007年6月 1日 (金)

背番号と戸籍



米国では「戸籍」の管理はなくて,SSN(Social Security Number)をIDとして各種個人情報を一元管理していた.便利な制度だと思うし,背番号制のほうがクリアだと思うし,人の流動が強くなるほどそういった制度が望まれるようになりそうな気がしていた.そして,単純に背番号制と戸籍制は簡単に同居できそうな気がしていた.でも,下のページを読んで唸ってしまった.


極東ブログ: 事実婚夫婦の戸籍裁判、雑感



日本の戸籍というのも近代日本が古代幻想から生み出した奇妙な制度ではあるが、それなりの国家幻想の制度としてとりあえず成立している(戸籍法は戦後に廃棄されていない)。



背番号制と戸籍制度とは,背後の考え方が随分異質であるらしい.いわれてみれば,なるほど,そうだ.wikiによると,次のとおり.


日本の戸籍制度



1872年:明治5年


前年制定の戸籍法に基づいて、日本で初めての本格的な戸籍制度が開始された。



戸籍に関連して「旧身分」の記載がいまだに保管されていることを知って驚く.「戸籍法は戦後に廃棄されていない」の心を少し知る.戸籍法については次のような記載が.



1947年第二次世界大戦後の民法改正による家制度廃止に伴い、従来のものを全面改正し、現行戸籍法が制定された。



家制度



明治民法に採用された家族制度であり、親族関係のある者のうち更に狭い範囲の者を、戸主と家族として一つの家に属させ、戸主に家の統率権限を与えていた制度である。江戸時代に発達した武士階級の家父長制的な家族制度を基にしている。



「家父長制」には,なんだか悪い印象がベッタリと塗りつけられてる気がするけれども,「家」から暖簾を分けてもらったり,「家」に嫁いだり,きっと日本の「公」とか社会的な「倫理感」のようなものとも不可分な制度なのだろうと想像する.「家」を単位にいろいろと社会が動いていた時期があるようで,なるほど,個人を主体とするバイオメトリクスの考え方が日本に定着しにくいわけだ.


バイオといえば生体で,生物の体は臓器とか魂とかの入れ物ではない.体を構成する細胞は生まれたり死んだりして新陳代謝を繰り返し,同じ体であってもそれを構成する物質はどんどん入れ替わっていっている.戸籍という「入れ物」で構成員を管理する仕方と決別するのは,結構大変かもしれないと思った.


« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »