2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 無線通信 | トップページ | 旬の掘り起こし »

2007年6月23日 (土)

ネジバナ



近所の緑地公園を散歩.菖蒲は終わって,今はアジサイ.原っぱにはネジバナが咲いていた.


ネジバナ - Wikipedia



ネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara)は、小型のラン科の多年草。



ラン科であるとのこと.



ネジバナの根に侵入して養分を与えている菌として知られるもののひとつは、植物遺体を分解して生活する担子菌の Tulasmella calospora であり、これは植物病原菌になることでも知られている不完全菌 Rhizoctonia の完全世代のひとつである。



担子菌



担子菌(たんしきん)とは、菌界に属するもので、いわゆるキノコとして知られている生物を含むグループである。



根をはって,そこに菌糸が張り巡らされて.なんというか,ラン科の根っこは,地中の「森」のイメージ.



地中生命の驚異―秘められた自然誌

地中生命の驚異―秘められた自然誌





« 無線通信 | トップページ | 旬の掘り起こし »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネジバナ:

« 無線通信 | トップページ | 旬の掘り起こし »