2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大学の麻疹 | トップページ | 価値が目減りしにくい資産 »

2007年6月16日 (土)

終の棲家



これまで職場を転々としてきたので,なかなか「ここで一生働くのだ」という感覚をもてない.いつどこを最終就職先にして,どこを終の棲家にするか悩むことがたまに.



財政破綻に伴うインフレから自分の生活を守りたければ,インフレによる資産の実質価値の目減りを相殺するべく(相殺して余りあるほど)借金をしておくべきだ,ということになる.今,借金をしてインフレに強い(価値が目減りしにくい)資産に投じておけばよいのである.



家とか土地とかを「満を持して買おう」とか思ってると,色々と守れない希ガス.



財政学から見た日本経済 (光文社新書)

財政学から見た日本経済 (光文社新書)



  • 出版社/メーカー: 光文社

  • 発売日: 2002/10/17

  • メディア: 新書




« 大学の麻疹 | トップページ | 価値が目減りしにくい資産 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終の棲家:

« 大学の麻疹 | トップページ | 価値が目減りしにくい資産 »