2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 人間ドック | トップページ | 格差問題解決の本当の処方箋 »

2007年7月23日 (月)

生物と無生物の間




生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)



  • 出版社/メーカー: 講談社

  • 発売日: 2007/05/18

  • メディア: 新書




やっぱり自然科学は面白いなぁ,と思う.ジョージ・パラーディが細胞内のタンパク質の流れを可視化した実験手続きなんて,目から鱗だ.頭いいなぁと思う.


DNAから一部遺伝子を取り除く(ノックアウトする)とその欠落部を他の部分が補ってくれる,でも,ノックアウトしたDNAに「不完全な」遺伝子をノックインすると機能不全になるとのこと.こういう記述をみると,例えば上司が居なくても機能してた部署が,能力の不完全な上司が来ると機能しなくなるようなエピソードを連想したりもする.で,そういう楽しみ方は私も嫌いじゃないけれども,なんというか,この本の筆者の態度からみると,軽い.


この本は「動的平衡系の許容性」に関する記述で締めくくられている.読みやすさとは裏腹に,でも本文では頻繁に指摘されているとおり,科学的な態度には慎重さやストイックな態度が含まれている.そして,この本の文章も慎重に「安易なレトリック」を避けている.


動的平衡系の許容性の数理を手がかりに,この本と同じくらい良質な読み物が出てこないものか.


« 人間ドック | トップページ | 格差問題解決の本当の処方箋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物と無生物の間:

« 人間ドック | トップページ | 格差問題解決の本当の処方箋 »