2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こうのとりのゆりかご | トップページ | 二進法 »

2007年7月 9日 (月)

油田探査



ハイテク化がどんどん進む.



  • 3次元地震探鉱(参考



Reflection seismology (or seismic reflection) is a method of exploration geophysics that uses the principles of seismology to estimate the properties of the Earth's subsurface from reflected seismic waves.



人工的に地震を起こして,地中からの反射波を解析して地中の情報を取得.沢山の周波数を含む地震波を入力したいところだけど,どの程度それが可能なのだろう.計算にはスパコンなどを使ってるとのこと.



  • 水平坑井技術(参考



石油の掘削が始まった当初、すべての石油坑井は坑井を真っ直ぐに掘削する垂直坑井でした。しかしながら、海洋や都市部においては常に油層の直上に掘削施設をおくことができないため、油層直上より離れた位 置から坑井を曲げて掘削を行う傾斜掘り技術が誕生・発達しました。ベントサブと呼ばれる曲がったパイプを鉄管のつながり(ドリルストリング)の中に組み込む事により坑井を傾斜させることができます。



最近では斜めに深く掘ったあとタコ足のように地中で掘削箇所を増やすこともできるとのこと.すごい.



  • MWD(Measurement While Drilling:参考)



従来の方位、傾斜計測は、掘削を数時間中断して数十メートル毎に行っていましたが、MWDを用いれば掘削しながら方位、傾斜を計測できます.



追記.


JOGMEC


« こうのとりのゆりかご | トップページ | 二進法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 油田探査:

« こうのとりのゆりかご | トップページ | 二進法 »