2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もののつかみ方 | トップページ | 放火 »

2007年8月21日 (火)

航路




航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)






航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)





読了.傑作.ストーリは面白いし.


舞台の構造とか脳の構造とか古典とか臨死体験とか死とか生とか,小説中のほぼすべての要素が互いに類似した構造を持っていて,予言とか,なぞかけとか,仕掛けに満ちた重層的伽藍を構成.



類似は最初からそこにある。メタファーはそれを見るだけだよ。そしてメタファーはたんなる言葉のあやではない。人間の精神の本質そのものだ。われわれ人間は、類似性や対比や関係を見出すことで、自分たちの周囲のものを、自分が経験したことを、自分自身を理解しようとする。われわれはそれをやめられない。たとえ精神がそれにしくじっても、精神は自分に起きていることをなんとか理解しようと努力しつづける



« もののつかみ方 | トップページ | 放火 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航路:

« もののつかみ方 | トップページ | 放火 »