2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 専門書の和訳 »

2008年3月20日 (木)

大型犬



動画:蹴られても滑っても立ち直る四脚ロボ BigDog - Engadget Japanese


関節に硬いバネ(空気バネかしらん)でも入れて、曲げられた関節が伸びたり、落下したら弾んだり、アクチュエータを必要とせずに姿勢を戻したり跳ねたりするダイナミクスを上手に使っているように見受ける。足元の形状をはかるレンジファインダくらいは搭載してるのかしらん。ジャイロとかマイクロフォンとかセンサやら通信機能やらを搭載するのも時間の問題。あ、小型犬もいる。


Boston Dynamics: The Leader in Lifelike Human Simulation


それにしても、想定している用途が、なんというか、露骨である。踊りを題材に異なる動作と動作の間を滑らかにつなぐような技術を追及する国も一方ではあって。


ロボット、会津磐梯山踊りを舞う(動画) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ


前者のようなシンプルで骨太なロボットの研究を軍事以外で展開できないものだろうか。あ、工業用のロボットは、そういう発想に近いのかしらん。


追記


Boston Dynamics: The Leader in Lifelike Human Simulation



Sony Corporation turned to Boston Dynamics for help developing its line of entertainment robots. We adapted our physics-based human simulation to work for Sony’s humanoid robot, QRIO.



ふーむ。


« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 専門書の和訳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大型犬:

« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 専門書の和訳 »