2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アズールとアスマール | トップページ | 学園伝説 »

2008年3月31日 (月)

フキノトウの佃煮



をひと月ほど前に堪能した。我が家のレシピは以下の通り。



  1. フキノトウ100gを水洗い

  2. 熱湯でゆでる。茹で汁が緑色になったらザルにあける

  3. 冷水につけて冷めたら水を切って搾る

  4. 細かく刻む

  5. 鍋に入れて、みりん大1、しょうゆ大2、水をひたひたにいれて沸騰するまで強火

  6. 煮立ったら弱火で10分ほど

  7. 火を止めて一晩

  8. ふたたび弱火で汁がなくなるまで


さらに冷蔵庫で数日すると苦くてよい感じ。子供のころから食べてきたからか、この苦味でこれまでのいろいろな春の記憶が脳内で展開される。


« アズールとアスマール | トップページ | 学園伝説 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フキノトウの佃煮:

« アズールとアスマール | トップページ | 学園伝説 »