2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聖火リレー | トップページ | 地球の出 »

2008年4月12日 (土)

まほうのかがみ



近眼で普通の容姿の魔法使いが居て、でもその魔法使いは自分が世界一美しくないと気がすまない、とする。魔法使いが「世界で一番美しいのは誰?」と問いかけて、まほうのかがみが「白雪姫」と答えた場合に、とりうる選択肢が幾つかある。「あきらめる」という選択肢は、魔法使いの性格設定からありえない。近眼なので自力で気づくこともできない。がーん。



  1. 白雪姫より美しくなろうと努力する。

  2. 白雪姫を殺す。

  3. その鏡のまほうが弱くなったと判断して別の鏡を探す。


1と2は実世界と関わっているので、自己認識と実際との齟齬が軋轢を生んで、その齟齬の解消に近づく。でも3の場合は、その齟齬は永遠に解消されない。


「それはあなたです」と鏡に言わせようと試みているうちは実害はないけれども、意に沿う鏡が見つからず、近所の人に「わたしを美しいと言え」と絡んできたら、すごく迷惑だ。「いいえ、あなたは普通です」と正直に答えると「素直になりなさい」と詰問してきたり。


ひやぁ、悪夢だ。


« 聖火リレー | トップページ | 地球の出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まほうのかがみ:

« 聖火リレー | トップページ | 地球の出 »