2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 場末のバー | トップページ | 大学院入試問題漏洩 »

2008年4月24日 (木)

光市事件



差し戻しの判決文を読む。


暗澹たる気分になる。酌量の余地は無い。


NIKKEI NET



刑罰全般についても専門家の「適正感」が妥当か一般国民の感覚と常に照らし合わせる必要がある。裁判員制度を始める理由の1つがそこにある。



日比谷焼打を思い出したのは、自分が頓珍漢だからかもしれない。個人的には、専門家には国民の感覚から超然とした対応をしてほしいと願う。裁判員制度が始まって裁判員を経験する人が増えたとき、より大きく変化するのは裁判官ではなく国民の側なのだろうと思う。


仮に死刑が廃止されるとして、どのような処罰が望ましいのだろう。「可塑性」という言葉が差し戻しの判決文では使われていた。被告の男が「罪の深刻さと向き合って内省を深め得た」とき、何が起こるのだろう。再犯の可能性が小さくなったと判断して、牢から出すことになるのだろうか。牢から出た後、仕事を見つけて、働いて、金を稼いで、たまに笑って、たまの夜に自分の凶行を思い出して恐れおののいて。結婚して子供ができたりして。そうして暮らして、老いて、多くの人と同じように死んでいくことを遺族は許せないとして、第三者の「一般国民の感情」は許せるだろうか。…許せないときには、一般国民の感覚に照らし合わせて、牢から出さずに文字通り一生死ぬまで牢に閉じ込めておくことになる。でも、被告の可塑性を勘案する社会的な意味は、被告を牢から出す可能性があるときに社会的意味をもつ。


社会に出て、凶行を犯した前科が次々に周りに知れわたり四面楚歌となったときに、あの男をそれでも守ろうとする人物は一人でもいるのだろうか。彼の父親はどうなのだろう。罪の深刻さと向き合って内省を深め得た時に、あの男の存在を正面から認めて社会的な関係を真っ当にとりむすべる大きな人物は日本にいるのだろうか。居てほしい気がする。


« 場末のバー | トップページ | 大学院入試問題漏洩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光市事件:

« 場末のバー | トップページ | 大学院入試問題漏洩 »