2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 学生の就職 | トップページ | 退職後の仕事 »

2008年5月 6日 (火)

山笑う



天気に恵まれました。いい時期に連休があります。いまの時期の山は美しい。「笑う」という語感よりも、モクモクと湧きあがる何かを感じるのですが。


f:id:hon-dani:20080506122357j:image


f:id:hon-dani:20080506120900j:image


今年も隣の竹やぶから敷地に生えてきた竹の子を倒す作業を父の代わりに。都合20本ほど。今年は気温が高いのか、例年よりも竹の子の成長が早い。そういえばアオスジアゲハは夏の蝶ではなかったか。


竹の子は途中で折っても、根からくさるので、あまり折る場所を気にせずに足とツルハシで倒していく。過去に倒し損ねた竹の子が竹になってしまっていて、それは足やツルハシではどうにもならず、のこぎりで切ることに。竹取の翁は鉈で竹を切っていたように思うが、あんなにスパッと生竹を切る鉈は、凶器そのものである。凶器といえば、今年は鎌を研いだ。藪をひとはらいするだけで、スパッと雑草が切れるように鋭利になった。


« 学生の就職 | トップページ | 退職後の仕事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山笑う:

« 学生の就職 | トップページ | 退職後の仕事 »