2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Wavelet Shrinkage | トップページ | 絶対的な食料不足は存在してない »

2008年5月13日 (火)

特徴点の数を減らす工夫



Face reconstruction from a small number of featur points


あらかじめ顔形状の変形ベクトル場の固有空間を計算しておく。次に、少数の特徴点の移動量を画像から計測する。計測された特徴点の移動量を説明できるような変形ベクトル場を最小二乗法で求める。


いたってシンプルな方法。その少数の特徴点としてどの点を選択するかの尺度は示されていない。3次元のCGモデルがあれば、表情による顔の形状変化や照明変化の固有空間を求める助けになる。


« Wavelet Shrinkage | トップページ | 絶対的な食料不足は存在してない »

face」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特徴点の数を減らす工夫:

« Wavelet Shrinkage | トップページ | 絶対的な食料不足は存在してない »