2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« インテルとマイクロソフトのススメ | トップページ | ヘレネ »

2008年6月28日 (土)

出張が続く

都内出張が続く。今日は論文誌の編集委員会。
国際学会に投稿した内容と(ほぼ)同じ内容の論文が国内英文誌に投稿されてきたときの対処法についての議論が少し長引いた。著作権の観点からの問題と、論文誌の役割の観点からの問題とがあって、結論がなかなかでなかった。国際学会といってもピンキリであるという事実だけでも、上記対処法を明文化するのをほぼ不可能にする。

新規になされた研究成果の評価は、追実験により厳密におこなうわけではない。論文の「面白さ」の評価は、論文を読んだ直後の、言語化される以前の「感覚」に大きく根ざしたものである。また、論文の信頼性は、著者の研究者としての良心を前提にしないと、基本的には評価できない。

…というわけで、手続きのアルゴリズム化が本質的に困難な問題に対して「アルゴリズム」を必要としてしまう事態がなぜ引き起こされたのかは、考えないといけない問題である。

中国から投稿されてきた英語論文の本文の文章を検索にかけたら、全然異なる著者の論文を丸ごと移して著者名だけ変えたものであったことが判明したり、同じ内容の日本語論文を同時に異なる論文誌に投稿して、それら論文がたまたま同一の査読者に回ってきて不正がばれたり、驚天動地なことが頻繁におこる。

内容は同じまま日本語を英語にして投稿することは日常茶飯事であるが、もちろんこれも本質的に二重投稿であるわけで、こういうことを考えだすと、有能な研究者は二重投稿の疑いをかけられることから逃げるために英語による発表に統一する。

こうしてグローバル化の波はいとも簡単に学会界隈にも押し寄せて、クオリティーの格差が出現して国内学会の権威が相対的に一層低くなって、日本の若手研究者を日本の学会が育てられなくなってきて、そのことが頭脳流出を加速する。…と短絡するのはどうかと思うけど、なんというか、よくよく考えないといけないのは確かなのであった。

« インテルとマイクロソフトのススメ | トップページ | ヘレネ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張が続く:

« インテルとマイクロソフトのススメ | トップページ | ヘレネ »