2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 引っ越しによる計算機の故障 | トップページ | Video of Rice Illumination Based Single Pixel Cameras »

2008年6月12日 (木)

論文の査読

査読を引き受けてもらえるのはうれしいけれども、引き受けてくれたのに中々結果を返してくれないのはどういう了見なのか。投稿した人は結果を首を長くして待っていて、たとえばこれが博士課程の学生さんで、論文採録数が規定に達するか否かの瀬戸際だったりすることもあるわけで。

丁寧な文体で催促して、その催促メールを頻繁に出すことになると定型化してきて、もはや出す側もその定型文の効力を信じられず、受け取る側も定型ノイズとして知覚すらできなくなっているに違いない。

条件付き採録後の2回目の査読で、条件を満たす修正がなされたか否か、ほんの5分ほど時間を割いて読んでくれるだけで判定できそうなレベルの論文であるのに。

噂では筋の良い論文の査読をして、その仕事を妬んで、足を引っ張るためにわざと応答を遅延させる不逞の査読者が居ると聞くし、それは噂でもなんでもなくて事実だったりするのが信じがたいし、そうやって国内の学会で地位を勝ち得て、だからどうした国内パラダイス鎖国であるのだが、今回の査読遅延はそういった泥利としたダークサイドな話ではなく、あっけらかんと、ずぼらに遅滞している空気が濃厚で、やっぱり信じがたい。

困ったことである。

« 引っ越しによる計算機の故障 | トップページ | Video of Rice Illumination Based Single Pixel Cameras »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文の査読:

« 引っ越しによる計算機の故障 | トップページ | Video of Rice Illumination Based Single Pixel Cameras »