2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蝉の声 | トップページ | 返却絵本リスト »

2008年7月18日 (金)

ルワンダ・ブルーブルボン

ルワンダ基礎データ(外務省)

(1)農林漁業がGDPの40%以上、労働人口の90%を占め、多くの農民が小規模農地を所有。主要作物はコーヒー及び茶(輸出収入の60%)であり、高品質化により国際競争力を強化する政策をとっている。一方で、内陸国のために輸送費が高いという問題も抱える。

スターバックス・ブルーブルボン

(ルワンダは)1994年まで続いた内戦で荒廃しましたが、海外支援団体からの援助を受けて、高品質なコーヒーを栽培し始めました。現在は国民の9割が1エーカーの区画の土地を耕して暮らしており、コーヒー栽培は主に西部のビルンガ山脈一帯と首都キガリに近い中央部で行われています。

小規模農地=1エーカーの区画の土地であることが分かる。1エーカーは約4046平方メートル。一辺63メートル。

エーカー(Wikipedia)

エーカー(acre)という名前は、ギリシャ語で牛の軛(くびき)を意味する言葉に由来する。そこから、「雄牛2頭引きの犂を使って1人が1日に耕すことのできる面積」としてエーカーという単位が作られた。

確かに小規模農地だ。コーヒーの高品質化の成果の一つが、スターバックスで売られているブルーブルボンということなのであろう。関連記事

Why CEOs love Rwanda

Why the attention to Rwanda, a land-locked country of about 9 million people about the size of of Maryland?

(スターバックスとかGoogleとかのアメリカ企業のCEOが)ルワンダに興味を持つのはなぜだろう。メリーランド州と同じ程度の大きさで、人口900万人の、陸の孤島なのに。

Rwanda is known as the "Land of a Thousand Hills" but it was not the lush landscape that appealed to Ritchie. He and Cooper toured the country and met government and business leaders. They decided that Kagame was open, honest, business-savvy and, unlike some African leaders, serious about fighting corruption.

ルワンダは「千の丘を持つ土地」として知られている。しかし、(米国とルワンダを結びつけたシカゴの投資会社の)Ritchieが魅力を感じたのはその緑豊かな光景ではなかった。彼らはルワンダを旅して、政府や企業の要人と会った。そして、ルワンダ大統領のKagameは、アフリカの要人にたまに見られるような不正に血眼な連中とは違って、開放的で、正直で、商売を分かっていると判断した。

We came away saying, this is the most undervalued 'stock' on the continent and maybe in the world," Cooper says. "Here's an African nation that's reaching out, not to governments so much, but to corporate America. They want to work. They want U.S. business to bring innovation to their country."

ルワンダはアフリカもしくは世界で最も過小評価された「株」であると感じた、とCooperは言う。ここに、政府ではなくアメリカの企業に手を伸ばしているアフリカの国がある。彼らは働きたいと思っている。彼らはアメリカのビジネスが自分たちの国を新たにしてくれることを期待している。

She had been asked by top Google execs to seek out business opportunities in Africa.

(グーグルがアフリカに3週間派遣したグーグル社員のひとりである)彼女は、アフリカでの商売の種を見つけるように言われた。

Why? Because Google is serious about its mission - to organize all the world's information and make it available to everyone.

なぜなら、グーグルは次のミッションに本気だからだ。「世界の情報を組織化して、誰にでも使えるようにすること。」

The Rwanda deal will make Google Apps - Web-based applications for e-mail, a calendar, the creation of documents and spreadsheets, messaging and Web page authoring - available to government ministries and three colleges in Rwanda.

ルワンダとグーグルの取引によって、gmailとかgCalenderとかのグーグルアプリをルワンダの政府の閣僚やルワンダにある3つの大学で使えるようになる。

うっかりスターバックスで買った高いコーヒー豆「ルワンダ ブルー ブルボン」についてた小冊子が気になってwebをみたら、こういうことでした。活力バリバリ。あ、ブルーブルボンは美味しいコーヒーでした。

« 蝉の声 | トップページ | 返却絵本リスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルワンダ・ブルーブルボン:

« 蝉の声 | トップページ | 返却絵本リスト »