2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Modern Sampling Theory | トップページ | google streat view 感想 »

2008年8月20日 (水)

大野病院事件

無罪判決とのこと。要旨が読める。

医師に義務を負わせ、刑罰を科す基準になる医学的準則は、臨床に携わる医師のほとんどがその基準に従っているといえる程度の一般性がなければならない。現場で行われている措置と、一部医学書の内容に食い違いがある場合、容易かつ迅速な治療法の選択ができなくなり、医療現場に混乱をもたらし、刑罰が科せられる基準が不明確になるからだ。

「一部」医学書との齟齬に基づいて刑罰が科せられるのは、悪夢だ。

本件は癒着胎盤という疾病を原因とする、過失なき診療行為によっても避けられなかった結果

「過失なき診療行為」と明記されている。今後癒着胎盤に遭遇した医師は、冷静に臨床上の標準的な医療措置をとれるだろうか。なぜ刑事事件になってしまったのだろう。結果として、遺族の方は衆目を集めてさらに辛い思いをすることになり、被告の医師は過失なき行為の結果を過度に責められて、当該病院から産科がなくなった。

#今回の事件の情報の流通において、ウェブの果たした役割は大きい。

« Modern Sampling Theory | トップページ | google streat view 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大野病院事件:

« Modern Sampling Theory | トップページ | google streat view 感想 »