2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大学の困難 | トップページ | 望郷の道 »

2008年9月30日 (火)

お国の経済

霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書 635) Book 霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書 635)

著者:高橋 洋一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読了。「金利を下げると経済は上向く、お金を借りてる人の方がパワーがある」というようなわかりやすい解説のくだりは、私のような素人にはありがたい。マンデル・フレミング理論とかが素晴らしくわかりやすく書いてあって読みやすい。でも、ところどころ、例えば国債と金利の関係とか、経済の基礎知識があれば尚更良くわかるのであろう箇所があった。

それにつけても、日銀とか財務省とか、なんと屈託の多いことかと思う。

« 大学の困難 | トップページ | 望郷の道 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お国の経済:

« 大学の困難 | トップページ | 望郷の道 »