2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お金とか | トップページ | 英単語 »

2008年10月31日 (金)

サロンとか

  • 「群衆」と共存する道が問題になっているとのこと。
  • サロンの思想史という本があるとのこと。
  • そこには、こんなことが書いてあるとのこと。
    • サロンとは、会話をもっとも重要なコミュニケーションの手段とするひとつの社交形態である
  • このページより。
  • サロンは「オネット・オム」という人間像を作りだしたとのこと。
    • 「オネット・オムはすべてを知るが、なにかをメチエ(職業)にして自分を特殊化することはない。彼は何の専門家でもなく、まさしく「人間」であり、「人間」の立場で考え、判断する。
    • ジャン=ジャック・ルソーはサロンにあこがれ、そこに入り適応するためにずいぶんと努力もしたようだが、最後まで空気になじめなかった。
  • 「希望学」はサロンの形式からスタートしているようで。
  • コミュニケーションのSNを上げてダイナミックレンジを確保するには、Sの強度を上げるのではなく、Nの強度を下げるのが良い。なにもないときにシーンと静かな状態を計測は好む。
  • ノイズをメカニカルに除去する。たとえばコメント欄を最低限の承認制にする。それは「群衆」と共存する道への第一歩だったのではなかったか。

« お金とか | トップページ | 英単語 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サロンとか:

« お金とか | トップページ | 英単語 »