2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« <食器洗い機> | トップページ | タクシー »

2008年12月 9日 (火)

Tampa

Pattern Recognitionの会議でTampaに。7つのパラレルセッションのある「全国大会」風のお祭りの会議。

Plenary talkはAnil Jain氏の "Data Clustering, 50 Years Beyond K-Means"。数十億の画像を数百万のクラスタに、って具合の大規模な問題が昨今の話題のひとつとか、いろいろ。

「クラスタリングの手法に決定打はない」という指摘はいろいろな人がしていて、その通りだと思うけれども、それはクラスタを決定しているモデルの不在を意味していて、問題によってはラベル付の任意性と無関係ではない。「決定打」はなくてもアプリケーションを作るときには切実に必要な技術で、だからこそ各種スマートな手法が継続的に発表され続けていて、でも決定打が存在し得ないゆえに(と言っていいのかどうか分からないけれども)パターン認識の分野は学問の「体系」を構築するには至っていないように見える。

« <食器洗い機> | トップページ | タクシー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tampa:

« <食器洗い機> | トップページ | タクシー »