2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大学生に何を求めて三千里 | トップページ | インピーダンスを下げる »

2009年3月20日 (金)

閉鎖系なのかしらん

シリコンバレーの「核の冬」


インフラが効率化するとエントロピーが極大化し――新古典派経済学の想定するように――すべてが静止する熱死状態がやってくる。


系が閉鎖系ならば、平均化の進行にともなう均質化はいきつくところまでいくだろう。

例えば、音楽とか絵画とか小説とか、そういった知的生産物が既存の情報の、しかるべきアルゴリズムに従った解体と組み合わせの産物であるならば、均質化にともない熱死するかもしれない。でも、どうなんだろう。経済活動で交換されるものにより構成される系は、ビット列で表現可能なものに限定したとしても、閉鎖系では無いのではないか。ホフスタッターさん、岡本太郎さん、どうでしょう。

生産物が瞬時に流布して消費者全員が保有できる社会は、生産と消費が続く限り、均質に見えても熱死とは呼べない。

« 大学生に何を求めて三千里 | トップページ | インピーダンスを下げる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖系なのかしらん:

« 大学生に何を求めて三千里 | トップページ | インピーダンスを下げる »