2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

Brain and BrainPET

Brain and BrainPETに参加しにシカゴに.明日から会議.

このページには,基本的に専門のことを書くようにしよう.学会で会う同業者数人で「一緒にやらないか」と声をかけあって専門分野で議論しあう場を設ける運動がなぜ日本では他国に比べて起こりにくい(と思われている)のかは分からない.

そういえば先日の弱小国際会議でプログラム編成をしているとき,原案を提示したら欧・米のco-chairにcoffee breakが短すぎる,と言われた.coffee breakでの会話を重要視しないこととネットを介する議論の場を自分たちの手で創造できないこととは関係がありそう.

2009年6月26日 (金)

新幹線の自動改札

東京駅にて新幹線に乗ろうとEXカードをかざして改札を通ったとき,ぼんやりしてて半券をとり損ねて通り過ぎてしまった.数歩あるいて取り損ねたことに気づいて振り向いたら既に二人ほど同じ改札を通過したあとだった.わたしの半券を直後の人が引き抜いて,その人の半券はそのまた次の人に引き抜かれたのではないかと思ったけど,そうではなかった.わたしのような粗忽者が多いのであろう,改札周辺には係員が巡回していて,状況を説明したら,当該改札機の側面の小さな扉をあけてくれた.そこには,私が取るべきだった半券だけがあった.改札機は,半券の取り損ねをいち早く検知して半券を回収して,次の客にはその人の正しい半券を差し出したのであった.

まったくもって,よくできている.

2009年6月25日 (木)

Belief propagation vs MCMC

Belief propagationと同じ内容の計算は,MCMCでもできる.前者は速いけどグラフィカルモデルにループがあるときの挙動に保証なし.後者は遅いけどループ云々の心配はなし.双方で計算して比べてみるとよい,と指摘をうけた.早速試そう.

Crystalline Flow

情報・幾何系の人に話したら思ったより好評で意外だった.不変な特徴を探す発想ではなく,操作を加えたときの変化により対象の特徴を表現する.Curvature flowで任意の単純な閉曲線は円形に収束する.その収束の過程に基づいて対象の形を表現する.発展の過程で様々な輪郭線がどれも同じ形に見えてくる.
Daikagi5

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »