2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 頑張れに気を使う | トップページ | 夏休み中の大学 »

2009年9月14日 (月)

マニフェストで選びたかった

[書評]農協の大罪 「農政トライアングル」が招く日本の食糧不安(山下一仁)

私は山下氏と異なり、「兼業農家も含めてただばらまけばよい」と考えている。兼業農家は実質高齢者問題であり、バラマキは一種の年金だと割り切ってよいだろうと。なんだかんだいっても国土を守ってこられたお年寄りに国は見返りをすべきだろうと。そう思っている。

わたしも「ばらまけばよい」に賛成.いろいろな人がいるけど,基本的にみんな,歴史というか与えられた環境の中で生きてきたんだし,いまも生きているんだし.

農政とか教育とか外交とか,それぞれの将来の望ましい状態を功利的にデザインすることと,その状態に至るロードマップに切り捨て御免な思考停止フィクションを差し挟まないきめの細かさとは同居できるんだろうと思う.で,本当は,そういったグランドデザインに関する複数の選択肢が選挙前に示されてなんぼ,なんだろうなと思う.

« 頑張れに気を使う | トップページ | 夏休み中の大学 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニフェストで選びたかった:

« 頑張れに気を使う | トップページ | 夏休み中の大学 »