2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブログに数式を書くとき | トップページ | 金子氏無罪判決 »

2009年10月 6日 (火)

おぼっちゃまとか万能感とか,と言っていいのかどうか知らない

世界の論調批評

オバマは一度に多くの問題を取り上げ、ホワイトハウスのスタッフの管理下にそれらを集中させようとするが、これはオバマ氏が政策主導型の大統領であることを表している。

かんべえの不規則発言2009年10月3日

オバマにはいくつか欠点がある。(中略)それから「落ち着きがない」ことで、いつも多くのテーマを抱え込んでいて、医療にしろアフガンにしろ個々の政策に割く時間が短か過ぎる。

小浜大統領が沢山の問題・テーマを同時にたくさん抱え混んでるという観測結果は一致している.

しかしながら,前者は「オバマの理想は(中略)、中央に権力を集中し、理性と合理的理論で国家の形を作ろうというもの」と述べ,一方後者は「さすがはi-pod時代の大統領で、瞬間ごとに巧みに受けを拾っているけれども、果たして彼にとって譲れない一線が何なのか分からない」と解析している.

« ブログに数式を書くとき | トップページ | 金子氏無罪判決 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おぼっちゃまとか万能感とか,と言っていいのかどうか知らない:

« ブログに数式を書くとき | トップページ | 金子氏無罪判決 »