2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 尖閣ビデオの話は続く。 | トップページ | 悪名高いアメリカの「人的サービス」 »

2010年11月14日 (日)

Graphical model

確率変数間の依存関係をあらわすのにgraphical modelがよく使われる。全変数の数値データが与えられているとき、どの変数どうしを結ぶべきかを決めたい。どの変数もガウス分布なら、共分散行列の逆行列を見ればそれが分かる。隠れ変数があるときの構造学習法にはいつくか。以前はEMアルゴリズムが主流だったもよう。昨今はconvex optimizationの技法が向上していろいろできるようになりつつある。

« 尖閣ビデオの話は続く。 | トップページ | 悪名高いアメリカの「人的サービス」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050625/37662870

この記事へのトラックバック一覧です: Graphical model:

« 尖閣ビデオの話は続く。 | トップページ | 悪名高いアメリカの「人的サービス」 »