2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Graphical model | トップページ | 暴力は財なのかしらん »

2010年11月18日 (木)

悪名高いアメリカの「人的サービス」

周りにいる学生や教員とした話。
たしかに、「悪名高いアメリカの「人的サービス」が少しよくなってる」と思うと答えた者が多数であった。

在米1年なため私には「以前」との比較ができない。ただ、DMVを含む公的な人的サービスはよくなってるようには見えないと言ったら、同意するもの多数。ちなみに、半年近く前にうけて合格したのに自動車免許はいまだに届かない。そのことをDMVに訴えたところ先方が喧嘩腰になり驚いたことであった。

でも、ホテルのフロントとかテレビの修理とか食洗機の修理とか、サービスに関して嫌な思いをする確率は今のところ極めて低い。特にホテルの接客は、数年前までの印象と随分違う。異国における人との接し方にこちらが慣れただけだと思っていたけど、「人的サービス」がよくなってることの一例なのかもしれない。

« Graphical model | トップページ | 暴力は財なのかしらん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050625/37720757

この記事へのトラックバック一覧です: 悪名高いアメリカの「人的サービス」:

« Graphical model | トップページ | 暴力は財なのかしらん »